F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ数日、予想されていた通り、デビッド・クルサード(レッドブル)は3日(木)、
今シーズン末をもって、その長いF1キャリアに幕を閉じることを決断したと発表した。

シルバーストーンでDC(クルサードの愛称)が公表した声明は以下の通り。
「今日、僕は今シーズン末をもってF1のレースから引退する決断を下したことを発表する。
今後もレッドブル・レーシングの相談役として、マシンのテストと開発面でこのスポーツにかかわっていくつもりだ」
「将来、他のモータースポーツを含め、再び戦いの舞台に乗るかどうかについては広い心を持っているので、
間違いなくこれでヘルメットを脱ぐというわけじゃないんだ!」
「引退するという僕の決断は辞めたいという思いに基づいて今年序盤に決めたことだけど、
その一方でまだ競争力はあると思うし、グランプリでドライブするという巨大なチャレンジを楽しんでもいる。
それに、このスポーツで新たな挑戦を探したいという願望もある」
「イギリスGPでこの決断を発表するにいたった経緯は皆に理解してもらえると思うけど、
僕が挙げた13勝のうち2勝はシルバーストーンでの優勝で、
このグランプリを主催しているブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ(BRDC)のメンバーでもあるからだ」
「レッドブル・レーシングでの自分の仕事を誇りに思っているし、
ブラジルでの最後の1周まではこれまでと同じようにレースに集中する。
その後はチームが常勝チームになるという目標を達成できるよう、チームを支えていくつもりさ」

(F1 Live.comより引用 )

また彼がF1で感謝している人物・チーム・企業として主に以下を挙げている。
◆ テストドライバーからレースドライバーへと昇格させてくれ、
初めてのグランプリ優勝に導いてくれたフランク・ウィリアムズ卿およびウィリアムズ・ルノー
◆ 主だった成功を達成し、9シーズンを共に過ごしたロン・デニスとマクラーレン
◆ 徹底してレーサーであることを教えてくれたノルベルト・ハウグとメルセデス
◆ 新チームの成長に貢献し、レースの継続とさらなる表彰台を獲得するチャンスを与えてくれた
ディートリッヒ・マテシッツとレッドブル・レーシング
◆ ヘルムート・マルコとの協力の下、オープンでプロフェッショナルな
マネジメントスタイルを採るクリスチャン・ホーナー

とうとう、今の現役最年長ドライバーが決断しましたね。
今季、序盤はクラッシュの原因になることが多かったですが、
カナダGPで気持ちよく表彰台に上り、これで今季でって思ったのかもしれませんね。

これで、レッドブルのシートが一つ空くことになりますが、
やはりトロロッソのベッテルが昇格かな~
そんでトロロッソにはブルーノ・セナ?_?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/66-df15a0ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。