F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 23 H.コバライネン マクラーレン・メルセデス 1'21.049 15
2 10 M.ウェーバー レッドブル・ルノー 1'21.554 16
3 1 K.ライコネン フェラーリ 1'21.706 18
4 22 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1'21.835 13
5 3 N.ハイドフェルド BMWザウバー 1'21.873 16
6 5 F.アロンソ ルノー 1'22.029 15
7 6 N.ピケJr. ルノー 1'22.491 19
8 15 S.ベッテル STRフェラーリ 1'23.251 16
9 2 F.マッサ フェラーリ 1'23.305 16
10 4 R.クビサ BMWザウバー 1'19.788 12
11 9 D.クルサード レッドブル・ルノー 1'20.174 14
12 12 T.グロック トヨタ 1'20.274 14
13 14 S.ブルデー STRフェラーリ 1'20.531 16
14 11 J.トゥルーリ トヨタ 1'20.601 13
15 8 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1'21.112 14
16 17 R.バリチェロ Honda 1'21.512 9
17 16 J.バトン Honda 1'21.631 11
18 7 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1'21.668 6
19 20 A.スーティル フォース・インディア・フェラーリ 1'21.786 9
20 21 G.フィジケラ フォース・インディア・フェラーリ 1'21.885 8

Q1の脱落は最近いつもこんなんですな~
フォース・インディアにホンダの4台。
そして今回もウィリアムズは不調です。
なんとニコはQ1で脱落・・・どうしたんでしょうか。
一貴もまあぎりぎりなんとか通過でしたけど、他の14台とは完全に力差ありました。

しかし、ベッテルは若いけど、このドライバーもかなりの実力ありますね。
すごくクレバーな走りをするので、注目してしまいます。
トロロッソのマシンでQ3進出は立派。
来年はクルサードの後釜で、レッドブル昇格は確実かなって思いますけどね。

そして、レッドブルのチームメイト、ウェバーは2位を獲得!!
ウェバーの予選での一発の速さは定評ありますからね~
エイドリアン・ニューウェイのマシンも熟成されてきて、脂にのってきています。
もともと、空力的にピーキーなマシンで、リタイヤ率も大きいですが、
やはり彼のデザインはF1史上最高ではないでしょうか。

そして、ポール・ポジションは!!
なんとコバライネンが初のポール獲得です。
地元、ハミルトンが少しミスがあったのもありますが、マクラーレン好調です。
またコバライネンはここシルバーストンは昔から走り込んで来たコースっちゅうこともあり、
ヘイッキのように一発の速さは出せないタイプは、うまくやりましたね。

明日の決勝、フェラーリが今回冴えない状態なので、予測つきにくいですね。
ハミルトンがスタートうまく4位からあがれば、ハミルトン勝利かな?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/67-78ec1248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。