F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 22 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:39'09.440 60 186.585 1
2 3 N.ハイドフェルド BMWザウバー 1:40'18.017 60 184.459 1
3 17 R.バリチェロ Honda 1:40'31.713 60 184.040 2
4 1 K.ライコネン フェラーリ 1:39'15.496 59 183.287 2
5 23 H.コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:39'22.910 59 183.059 1
6 5 F.アロンソ ルノー 1:39'25.831 59 182.970 3
7 11 J.トゥルーリ トヨタ 1:39'26.912 59 182.937 3
8 8 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:39'28.098 59 182.900 -
9 7 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:39'28.990 59 182.873 -
10 10 M.ウェーバー レッドブル・ルノー 1:39'42.269 59 182.467 -
11 14 S.ブルデー STRフェラーリ 1:39'53.350 59 182.130 -
12 12 T.グロック トヨタ 1:40'19.115 59 181.350 5
13 2 F.マッサ フェラーリ 1:39'45.994 58 179.262 -
  4 R.クビサ BMWザウバー DNF 39 184.662 3
  16 J.バトン Honda DNF 38 184.361 -
  6 N.ピケJr. ルノー DNF 35 188.697 4
  21 G.フィジケラ フォース・インディア・フェラーリ DNF 26 185.456 -
  20 A.スーティル フォース・インディア・フェラーリ DNF 10 181.183 -
  15 S.ベッテル STRフェラーリ スピン 0 0.000 -
  9 D.クルサード レッドブル・ルノー スピン 0 0.000 -

シルバーストンは今回雨・・・
雨のシルバーストンというとセナを思い出します。
こういうレースですと腕のいいドライバーが確実に上に上がってきます。
マッサはやっぱり雨のレース、下手くそですね(^^;)
あとやっぱり、コバライネンもこういうレースでは実力・・・
うーんってとこでしょうか。

そんな中、やはり予選時の予想通り!!!!
来たのはハミルトンでした。
やっぱり巧いよな~
ハミルトンは嫌いですけど、こういうとこは認めます。


マクラーレンメルセデスMP4-22 F1 2007 特別パッケージ ルイス・ハミルトン 1/18 ミニチャンプ...

しかし雨が激しくなる不運があったとしても、
なんでフェラーリは雨激しくなってるのに、早くに動けないんでしょう?
こういうとこマクラーレンより下手くそですな。

後半、雨が激しくなると・・・
皆さん、スピンしまくりましたね。
ピケJr・・・また評価落としましたでしょ~

そしてこの荒れたレースで確実にポイント獲る人物は??
そう!!一貴ですな~序盤にトヨタに仕掛けてコースアウトしましたけど、
よく持ちこたえたと思います。
アロンソ、コバライネン、トゥルーリとのバトルはドキドキしましたよ。
最後やられたのはかなり残念ですけど。
やはり運を持って生まれてきていますね。
まあ、お父さんが日本人初のF1ドライバー中嶋悟であったという時点から、
運は非常に持ってるとは思いますけどね(^^;)

またこれで、チャンピオンシップは分からなくなりました。
ハミルトン、ライコネン、マッサ、同ポイント!!!
誰が最後にくるか???
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/68-06a38552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。