F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 N.ピケ ウィリアムズ ホンダ 76 2:00'34.508
2 A.セナ ロータス ルノー 76 2:00'52.181
3 N.マンセル ウィリアムズ ホンダ 75 1LAP遅れ
4 S.ヨハンソン フェラーリ フェラーリ 75 1LAP遅れ
5 J.ダンフリース ロータス ルノー 74 2LAP遅れ
6 M.ブランドル ティレル ルノー 74 2LAP遅れ
7 P.タンベイ ローラ フォード 74 2LAP遅れ
8 P.ストレイフ ティレル ルノー 74 2LAP遅れ
9 P.アリオー リジェ ルノー 73 3LAP遅れ
10 J.パーマー ザクスピード ザクスピード 70 6LAP遅れ
11 R.アルヌー リジェ ルノー R  
12 A.ジョーンズ ローラ フォード R  
13 G.ベルガー ベネトン BMW R  
14 T.ブーツェン アロウズ BMW R  
15 K.ロズベルグ マクラーレン ポルシェ R  
16 T.ファビ ベネトン BMW R  
17 A.ナニーニ ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
18 M.アルボレート フェラーリ フェラーリ R  
19 D.ワーウィック ブラバム BMW R  
20 A.プロスト マクラーレン ポルシェ R  
21 P.ギンザーニ オゼッラ アルファロメオ R  
22 C.ダナー アロウズ BMW R  
23 R.パトレーゼ ブラバム BMW R  
24 A.デ・チェザリス ミナルディ モトーリ・モデルニ R  
25 H.ロテンガッター ザクスピード ザクスピード R  
26 A.バーグ オゼッラ アルファロメオ R

共産主義圏で初めて行われた、ハンガリーGP。
観客がなんと20万人というぎっしりさにはびっくりである。
一体、どういうチケット値段やったんでしょうね。
まだ、この頃やと、そんな所得もたいしてない時代やったやろうに。


J.Button 2006 ハンガリーGP優勝記念 1/43 HONDA RACING F1

ハンガロリンクは今も変わっていないが、
抜くポイントが全然ない、超テクニカルな低速コースである。
こういうテクニカルなコースでは、
セナのテクニックが非常に発揮されて、
また扱いやすいロータスのマシンをうまく
コントロールしていました。

しかしタイヤ交換後、バランスが崩れ、
ピケとのバトルとなります。


ミニチャンプス 1/43スケール ウィリアムズ ホンダ FW11B No.6/1987 N.ピケ

ピケはアウトからストレートスピードの速い
ホンダエンジンのパワーを活かして抜きにかかります。
コーナーではカウンターをあてながらマシンを調節し、
見事にオーバーテイク!
トラクションコントロールのないマシンはこう操れ!
と言わんばかりの迫力でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/69-3701cc6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。