F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Honda Racing F1が、2009年以降に向けてフェルナンド・アロンソを獲得すべく
尽力しているという噂があがっている。

Honda Racing F1のロス・ブラウンとニック・フライは、
ジェンソン・バトンの今後のチームメイトとしてアロンソがふさわしいと考えているとのこと。
ブラウンはホッケンハイムで2009年も現行ドライバーラインアップ
を起用する計画かと聞かれ、「そうだ」と答えていたが、
フライとブラウンが長期契約を目指してアロンソに“言い値オファー”したとしている。
まさにその翌日、ブラウンは来年のチームに関しては手のひらを返したように
「何も決まっていない」と主張した。

昨年に続き、今シーズンもペース不足に苦悩するHonda Racing F1だが、
その規模、資金はマクラーレン・メルセデスやフェラーリに匹敵する。
また、この低迷する今季のアップデートはあきらめて、
来期にかけて開発に専念しているとの、噂はそのとおりであろう。

ピケJrが表彰台にのぼったドイツGP・・・
精細の欠いたアロンソの走りは、かなりブリアトーレの怒りに触れたようだ。
ただ、アロンソが勝てないマシンに乗ることは絶対にないとは思うので、
フェラーリ、BMWへの道が閉ざされた時に、ホンダという選択肢も現れてくるのではなかろうか?
F1出走最多記録をもつバリチェロの記録は今年で途絶えるかもしれませぬな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/73-9554988d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。