F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F1へ向かっての道を邁進中だと語るのは、F1日本人ドライバーのパイオニア、中嶋悟氏。
今年、日本F3選手権に参戦中の次男で18歳の大祐について語った。
「彼はとても速いです。おそらくは一貴よりも速いのではないでしょうか」

しかし、その大祐は現在全日本F3では最下位の成績なのだ。なのになぜ?
「今は彼のマシンがそれほど良くないのです」
と語っている。

今までに何人ものドライバーを育て来た中嶋悟氏ですから、
その目は確かでしょうけど、どうなんでしょうね?

中嶋 大祐(なかじま だいすけ、1989年1月29日生 、血液型:A型)
2004年 全日本カート選手権・ICAクラスに参戦
2005年 シリーズランキング4位
2006年 SRS-Fに入校
2007年 FCJ(カーナンバー8)に参戦。
2008年 全日本F3選手権に戸田レーシングから参戦する(マシンはダラーラF308・無限MF204C)。

うーん、ぱっとしていないです。

父親の七光りでは行きたくないと、ホンダで道を切り開くのでなく、
トヨタでのし上がってきた一貴・・・
父親と同じホンダでの道を歩んでいく大祐。

F1いけるとは俺は思わないかな。

余談
父親の悟氏は歌手でもあったって皆さん知っています?
F1ブームであった1990年に「悲しき水中翼船」ってシングルでデビューしてるんですよ。


↑「悲しき水中翼船」収録↑

当時のセイコーエプソンのCMソングでもあり、オリコン20位なんて記録しています。
あの当時の日本のF1人気はすごかったですもんね。
スーパーアグリもあの当時やったらスポンサーいっぱいついたろうに・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/74-8e581fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。