F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フラビオ・ブリアトーレは29日(火)、2冠王者のフェルナンド・アロンソは
2009年もルノーに残留するという自らの考えを明かした。



しかし2009年に再びワールドチャンピオンシップ争いのできる環境を求めているという
姿勢を隠していないアロンソは、場合によっては別のチームへの移籍も辞さないという考えだ。
その優勝できるチームはマクラーレン以外に選択肢は絞られるが、
フェラーリ、BMWの2チームに絞られるであろう。

それでもルノーのチーム代表を務めるブリアトーレは、
イタリア紙『La Gazzetta dello Sport(ガゼッタ・デロ・スポルト)』に対し、
「彼(アロンソ)は残留すると思う」とコメント。
さらに「彼はとてもうまいレースを見せてくれているが、多くのポイントを失ってもいる」
とも付け加えた。これは前回ドイツGPなんかはそうでしょうね。
攻めすぎての結果なんで、俺はあれでいいとは思うんですけど。

また、マクラーレンとパートナーを組んでいるメルセデス・ベンツ・モータースポーツ副社長の
ノルベルト・ハウグが、2009年シーズンもヘイキ・コバライネンを交代する気がないこと
をほのめかした。
今季、苦しいシーズンスタートを切ったコバライネンだが、
数週間前にハウグはコバライネンについて“スターの卵”だと語っていた。

しかし、ウィリアムズのテストドライバー、ニコ・ヒュルケンベルグのマネジャーを務める
ウィリー・ウェバーが先日、現在ウィリアムズに乗るニコ・ロズベルグが
マクラーレンに移籍するかもしれないと予想し、マクラーレンのドライバーラインアップ
を巡る憶測を刺激。

確かにハミルトンと比べると、差をつけられた感のあるコバライネン・・・
今のチームモチベーションを維持するためのハウグの言葉だと思っています。
ニコ・ロズベルグがウィリアムズを離れることが可能な契約を結んでいるとするならば、
ニコのマクラーレン入りは非常に濃厚だと俺は思っています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/75-be9b3f1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。