F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008 ハンガリーGP フリー走行2回目結果
1 22 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1'20.554 35 195.789
2 6 N.ピケJr. ルノー 1'20.748 38 195.318
3 23 H.コバライネン マクラーレン・メルセデス 1'20.760 33 195.289
4 5 F.アロンソ ルノー 1'20.928 35 194.884
5 1 K.ライコネン フェラーリ 1'21.009 36 194.689
6 2 F.マッサ フェラーリ 1'21.010 36 194.687
7 3 N.ハイドフェルド BMWザウバー 1'21.138 46 194.379
8 4 R.クビサ BMWザウバー 1'21.363 36 193.842
9 11 J.トゥルーリ トヨタ 1'21.505 42 193.504
10 7 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1'21.581 34 193.324
11 12 T.グロック トヨタ 1'21.662 39 193.132
12 10 M.ウェーバー レッドブル・ルノー 1'21.733 43 192.964
13 9 D.クルサード レッドブル・ルノー 1'21.837 34 192.719
14 8 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1'21.902 33 192.566
15 14 S.ブルデー STRフェラーリ 1'21.955 41 192.442
16 16 J.バトン Honda 1'22.150 41 191.985
17 21 G.フィジケラ フォース・インディア・フェラーリ 1'22.197 36 191.875
18 20 A.スーティル フォース・インディア・フェラーリ 1'22.358 37 191.500
19 17 R.バリチェロ Honda 1'22.448 33 191.291
20 15 S.ベッテル STRフェラーリ 1'22.945 5 190.145

ニコ・ロズベルグは1日(金)、2009年もウィリアムズにとどまる意思を明らかにした。

2009年もヘイキ・コバライネンがマクラーレンにとどまるということが明らかになる前には、
ロズベルグがルイス・ハミルトンのチームメイトとして
2009年にマクラーレンを駆るのではないかとうわさされていた。

2008年もアロンソの後釜としてマクラーレン移籍の噂もあったが、
ウィリアムズとの確固たる契約、さらにフランク・ウィリアムズ卿も
ロズベルグの契約を解除しない強い姿勢を見せたため、その話は実現しなかったのだ。

「僕はなにも後悔していないよ」とコメントし、こう付け加えた。
「後悔することが僕の助けになるわけじゃない。その代わり、僕は常に前を見て仕事の決定を下すのさ。
現時点で手にしているマシンで、耐えながら最高のものを見せなければいけない」
「いずれ僕の時が来るさ。来年は完全に異なったレギュレーションになることだし、
僕らが先頭争いをすることもできるかもしれないよ」
またロズベルグは、ウィリアムズが2008年開幕時点から現在まで、良い成果を残すことができていないことも認め、
こう述べている。
「僕らは後退してしまった。レッドブル、トヨタ、ルノーといったライバルたちのほうが、今では少しばかり速い」
「それでも、これから戦うことになるサーキットの中には、僕らのマシンに合ったものもあるだろう。
チームは改善することができるって信じてるんだ。そうじゃなかったら、2009年の契約を結んでいないよ」

うーん・・・やはりロズベルグの契約には、マシンのポテンシャルに応じて、
契約解除できる要項がなかったようですね。
そのため、先日のコバライネン残留、そして今回のニコ・ロズベルグの残留発言に繋がった模様です。
これで一貴の残留も決まるのかな~まあトヨタエンジンをウィリアムズが来季も使う予定ですから、
一貴の残留はほぼ決定でしょう。トヨタへの移籍がない限りね(^^)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/76-05a97e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。