F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘレステスト3日目が18日(水)に行われ、STR3を佐藤琢磨がドライブ。
久々にF1の舞台で佐藤琢磨の姿を見ることができた。
テストは午後からの雨で、午前中しか走れない結果であったが、
その存在感をアピールした。

ただし、トロ・ロッソのチーム代表を務めるフランツ・トストは、
2009年に同チームのレースドライバーとして走る契約書にセバスチャン・ブエミが
サインをすることになるだろうとスイス紙に断言した。
チームを所有するレッドブルがブエミを推していることが最大の理由だ。
これにより、琢磨のトロ・ロッソのレースシート獲得はかなり難しいものとなっただろう。

しかし現在チームに在籍しているセバスチャン・ブルデーの将来に左右されることになりそうだ。
彼とトロ・ロッソの来季の契約はまだ交わされておらず、
若手とベテランの組み合わせを希望する、トロ・ロッソの目的からも、
ブエミ&琢磨という組み合わせがありうるかもしれない。

ベルガーは「今回走ったドライバーたち(琢磨とブエミ)は、11月のテストでも乗ることになるだろう」
とコメント。さらに今シーズン限りで現在のレースシートを失う可能性もささやかれている
ニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)、ルーベンス・バリチェロ(Honda Racing F1)、
ネルソン・ピケJr.(ルノー)らを、今後のテストに起用する可能性も指摘した。

2009年のドライバーラインアップを決定するのは今年11月か12月以降になる模様だ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/91-2ec1f753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。