F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 5 F.アロンソ ルノー 1:57'16.304 61 158.068 1
2 7 N.ロズベルグ ウィリアムズ・トヨタ 1:57'19.261 61 158.002 1
3 22 L.ハミルトン マクラーレン・メルセデス 1:57'22.221 61 157.935 2
4 12 T.グロック トヨタ 1:57'24.459 61 157.885 2
5 15 S.ベッテル STRフェラーリ 1:57'26.572 61 157.838 3
6 3 N.ハイドフェルド BMWザウバー 1:57'27.405 61 157.819 4
7 9 D.クルサード レッドブル・ルノー 1:57'32.691 61 157.701 2
8 8 中嶋一貴 ウィリアムズ・トヨタ 1:57'34.793 61 157.654 8
9 16 J.バトン Honda 1:57'36.189 61 157.623 9
10 23 H.コバライネン マクラーレン・メルセデス 1:57'43.206 61 157.466 7
11 4 R.クビサ BMWザウバー 1:57'44.279 61 157.442 4
12 14 S.ブルデー STRフェラーリ 1:57'45.736 61 157.410 7
13 2 F.マッサ フェラーリ 1:57'51.474 61 157.282 1
14 21 G.フィジケラ フォース・インディア・フェラーリ 1:57'59.875 61 157.095 3
15 1 K.ライコネン フェラーリ 1:50'11.975 57 157.177 3
  11 J.トゥルーリ トヨタ 油圧系 50 156.584 1
  20 A.スーティル フォース・インディア・フェラーリ アクシデント 49 157.146 11
  10 M.ウェーバー レッドブル・ルノー トランスミッション 29 151.517 5
  17 R.バリチェロ Honda エンジン 14 161.411 15
  6 N.ピケJr. ルノー アクシデント 13 161.371 16

初めてのナイトレース開催となった、シンガポールGP・・・
順当にフェラーリ2人 vs ハミルトンの展開となってはいたが、
今季、ミスの多い彼がまた、発端を作ってくれましたね。
ピケJr.がクラッシュでセーフティカーが入りました。

ここで早めのピットストップ作戦で既に、1回目を終わらせていたアロンソが、
かなり優位になります。
また逆に、重めの燃料を積んで挑んだ、トゥルーリもまた、コース上に、
滞在して有利な展開に。

で、ここでのピットストップ・・・
フェラーリまたミスっちゃいましたな~
マッサは給油ホースをずるずるひきずったまま発進。
スーティルのピットインも妨げたとして、ドライブスルーペナルティも、
課せられます。
こうなると、マッサは精神的に弱い・・・
このレースを見てると、マッサはチャンピオンになる器がないなって思います。

そして、ここで勝ったのは、運も味方につけたアロンソ。
しかし、フリー走行で速かったから、この結果は当然かもしれません。
予選はマシントラブルで走れなかったわけですから。

ここのコースはドライバーの真の力が発揮されるコースでした。
その中で俺はドライバーがみんな同じコンディションの車に乗ったら?
っていうドライバーの腕のみをトップ5選んでみました。

1、アロンソ
2、ハミルトン
3、ベッテル
4、クビサ
5、ライコネン

って順番かな~
まあ、キミに関しては、ちょっと甘くみてますけど(^^;)

とにかく、アロンソの力はやはり現役ドライバーナンバー1でしょう。

あ、あと一貴も8位ポイントゲットおめでと~
ただ、彼の場合は運を呼び込む力が大きいだけだと思いますが。
琢磨に一貴の運の強さがあったならなあ~
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://f12008ukyo.blog62.fc2.com/tb.php/92-557a08dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。