F1グランプリの住人たちへ

1987年から観戦しているF1グランプリ・・・この魅力あるスポーツをあるがままに書き綴ります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 ジェンソン・バトン FL マクラーレン
2 セバスチャン・ベッテル レッドブル
3 ルイス・ハミルトン マクラーレン
4 マーク・ウェバー レッドブル
5 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
6 小林可夢偉 ザウバー
7 キミ・ライコネン ロータス
8 セルジオ・ペレス ザウバー
9 ダニエル・リカルド トロ・ロッソ
10 ポール・ディ・レスタ フォース・インディア
11 ジャン-エリック・ベルヌ トロ・ロッソ
12 ニコ・ロズベルグ メルセデス
13 パストール・マルドナド ウィリアムズ
14 ティモ・グロック マルシャ

リタイア
ピック マルシャ
セナ ウィリアムズ
マッサ フェラーリ
コバライネン ケータハム
ペトロフ ケータハム
ミハエル メルセデス
グロージャン ロータス
ヒュルケンベルグ フォース・インディア

出走せず
デ・ラ・ロサ HRT 0
カーティケヤン HRT 0

今年の勢力図がようやく分かりましたね。
開幕前のテストでは、マクラーレン、レッドブルあたりは力を隠していた気が。
で、結局、蓋を開けてみると、上位はこの4台。
ただ、去年のレッドブルのダントツの速さはなく、
マクラーレンとレッドブルのトップ争いが熾烈そうです。

で、やるかなと思ったメルセデスGPがレースペースになると、
拍子抜けな気がしました。
そしてフェラーリのスピードのなさはテストから深刻です。

意外に速かったのがウィリアムズ。
ただ、マルドナドってドライバーはミス多いよな~
ファイナルラップの混乱の張本人になりましたが、
めちゃめちゃもったいない。

ま、そのどさくさに紛れて、可夢偉はファイナルラップで9位から、
一気に6位にジャンプアップするんですけどね(^^)

ザウバーはこれでコンストラスターズでマクラーレン、レッドブルに続き、
3位という好調な出足となりました。
今のザウバーはマクラーレン、レッドブルほどの速さはないけれど、
フェラーリ、メルセデスGP、ウィリアムズ、ロータス・・・
このあたりとの競争力では負けていませんね。

ま、なかなか面白い開幕戦でありました。
バルセロナ - 2012/02/24
順位  ドライバー マシン タイム   周回数
1. 小林可夢偉 ザウバーC31 1:22.312   145
2. パストール・マルドナド ウィリアムズFW34 1:22.561   134
3. ポール・ディ・レスタ フォース・インディアVJM05 1:23.119   101
4. ジェンソン・バトン マクラーレンMP4-27 1:23.200   115
5. フェリペ・マッサ フェラーリF2012 1:23.563   103
6. マーク・ウェバー レッドブルRB8 1:23.774   85
7. ジャン-エリック・ベルヌ トロ・ロッソSTR07 1:23.792   92
8. ニコ・ロズベルグ メルセデスW03 1:23.843   139
9. ヘイキ・コバライネン ケータハムCT01 1:26.968   70
9. ティモ・グロック マルシャMVR02 1:26.173   108 (トラブルで最終日はキャンセル)



小林可夢偉のコメント
とても満足です。僕らはとても多くの距離を走ることができました。
午前に行ったセットアップの変更がラップタイムの改善につながり、
そのことはもちろんとてもポジティブです。
マシンや異なる燃料でのそれぞれのタイヤコンパウンドの振る舞いを
理解するためにやることはまだたくさんありますが、
正しい方向に進んでいます。僕らにとっていいテストでした

まあこの時期のテストタイムを単純に喜ぶわけにはいかない。
特に、ザウバーは午前中に予選用のセットアップを試したわけだから、
速くて当然なのである。
レッドブルやマクラーレン、フェラーリが、
予選用を試したのかな?いややってないなってのが印象なんよね。
ただウィリアムズ、フォースインディアは予選用ので走っているでしょう。
次のテストで大体の勢力図はわかるかなと思います。
今回では全く分かりませんね。
ルーベンス・バリチェロはウィリアムズから放出された。
これによりF1で20年目のシーズンを過ごせないことが濃厚となっており、
2012年はアメリカのIRL(インディ・レーシング・リーグ)で、
戦う可能性もあると認めている。
今週にはセブリングでテストに参加するということだ。

ニック・ハイドフェルドは2012年もレーシングキャリアを続行する。
2011年シーズンは、大ケガを負ったロバート・クビサの代役として、
ルノーから参戦。
しかし、シーズン途中でブルーノ・セナにシートを奪われた。
そのハイドフェルドは、FIAが新たに制定したWEC(世界耐久選手権)に、
参戦するチーム、アングロ・スイス・レベリオンに、
所属することになりそうだ。

また、エイドリアン・スーティルとヴィタリー・ペトロフが、
フェラーリの2012年オフィシャルリザーブドライバーとして、
候補者に名を連ねている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。